両面宿儺 実在

マンガ「呪術廻戦」に出てくる
主人公・虎杖悠仁の体に宿っている
「両面宿儺」は実在の人物だったんですね。

知りませんでした。

日本書紀に敵役として登場し
頭の前後に顔があり腕が4本ある
異形の人間として書かれているそうです。

ただ、実在した両面宿儺の地元である
岐阜県では偉人だったとして
信仰の対象でもありました。

朝廷に逆らったということで
悪者にされたのかも知れませんね。

呪術廻戦の出てくる両面宿儺は
「見た目も強さも宿儺っぽいから
宿儺って呼ばれていた人」
ということなので実在の宿儺とは違って当然ですね。

他にも仏教用語などが出てきたりしていますので
作者の芥見下々先生も丁寧に調べ上げて
設定に活かしているんですね。

そう考えるとマンガからも
学べることが多いというのが
よく分かりますね。

 

タイトルとURLをコピーしました