一級建築士 合格率

雑学

建築関係の仕事に就いている方は
最終的には一級建築士の資格を
取得したいと考えていると思います。

一級建築士の試験は難しいと言われていますが
どのくらいの合格率なのでしょうね。

私は一級建築士試験に合格しましたが
合格率までは知りませんでした。
受けるので精一杯でしたので・・・

私が試験を受けたのはかなり前で
平成4年に学科と製図の試験を受けましたが
製図の試験は落ちてしまいました。

この年の学科の合格率は19.1%
製図の合格率は47.3%
総合の合格率は12.4%でした。

製図は意外と高いんですね。

当時の一級建築士試験は製図で落ちても
次の年にもう一度製図の試験が受けられました。
(今は受ける年の2年前まで受けられるようです)

なので、私も翌年に製図の試験だけを受けました。

試験が終わった後は「これは駄目だろな…」と思い
来年また初めからやり直しか~とガッカリしていたら
年末ころに合格通知が届きました。

すごく嬉しかったのを覚えています。

で、その年の合格率ですが
学科の合格率は17.5%
製図の合格率は48.8%
総合の合格率は12.0%でした。

ご覧の通り製図まで進めれば
受験者の半分くらいは合格するんですね。

あの時はかなり勉強をしましたが
今あれをやれと言われても
ちょっと難しいかも知れません。

年齢を重ねて楽な方へ楽な方へ(笑)

タイトルとURLをコピーしました